30すぎたら管理職を目指さないとね、なんて言われました

なんていうか命題みたいな感じですね。

管理職を目指さないSEもいるし、会社の中で昇進していったら管理職になっちゃった、 という人もいるので難しいところですが、

SEとして最前線で設計してプログラミングもやったり火が吹いたら徹夜したり、 ということを繰り返していると30代になったらもっと楽なPJで仕事したい、 と思ったりするものです。

そのなかで管理職をめざすのが1つなのかもしれません。

SE35歳定年説によると、35歳で体力が厳しくなってくるのでプレイヤーとしてではなく マネージャーになっていくのが普通、なんて言われたりします。

僕なんかは35歳になっても体力の衰えとか、徹夜できないとか、 そんなことなかったですけど。

※そもそも徹夜ありきで考えてるのがおかしいんですが(洗

さて、会社の規模にもよりますが同期が10人いて管理職になれるのって 何人だと思いますか?

自分の年度の前年度にも翌年度にも新卒で入ってきた先輩・後輩が10人、10人ているのに。

会社の中で管理職になれるのは10人中1人とか20人中1人とか、それぐらいです。

ということは35歳で管理職になれなかったらどうするの?

それはヒラのSEとして頑張っていくしかないじゃない、ってことです。

僕の先輩はその会社での昇進をあきらめて、すこしグレードを落とした会社に 役職付で中途採用されていきました。悔しいでしょうけど、そういう人生もあるのです。

じゃぁ全員が全員、SEは管理職をめざすのか、 というとそんなことはないよ~ ってなります。

人によってはSEとしてプロジェクトの一員として頑張りたい。 昇進とかどうでもいいし、定時で帰って家族との時間を大切にしたい

という人生のほうが多いのです。

あるいは技術屋になってSEだけどプログラミングに携わっていきたい、 モノ作りに注力したい、という人もいるのですから。

日本の企業(外資もそうなんですけど)給料が多いのはどちらかと言われれば 必然的に責任が重く、多くの人材をまとめていける人材のほうです。

でもね、価値観は人それぞれなのでね。もっと柔軟な感性でいこうよ。みんながみんな管理職を目指さなくていいってことで。

このページの先頭へ