35歳でSEを辞めなきゃいけない?定年説について

まじめに考えてみたいと思います(笑

僕がSEになったときも、それから10年以上経過する今も、 「SE35歳定年」なんていうキーワードをしばしば見かけるし そういえば聞いたことがあるなぁ、という人も多いと思います。

一般的な話

あくまでみんなが知ってる一般的な話としてのSE35歳定年説ですが、 35歳にもなれば新人のころとは違い年齢的、体力的にキツくなってくる。 SEという仕事は夜勤や残業や土日出勤、徹夜が当たり前の仕事だから 35歳はちょうど節目かなぁ

という事です。35歳はまだ若いうちですし大丈夫だという人が多い一方で この先、40、45という年齢は確実に来ますので、そこへ向けて どういった身の起き方をするか考えないといけないね。

これがSE35歳定年説というやつですね。

SEから管理職になる人

やはり将来のことを考えるとSEはやってられない、という人もいます。 よくあるキャリアアップの道として管理職(PM)を目指す人。35歳ともなれば 役職ついてて普通なので、さらに上をめざしていく道です。 PMになれば若手のSEを束ねてプロジェクトの管理(顧客との折衝、契約、SE管理、 収支管理)をしていく仕事となります。SEほど激務ではないにしろ、全体を見る マネジメント能力や、責任感がついてきます。

何%のSEが管理職になれるのでしょうか、 会社からすれば優秀で売上を上げてくれる人材がこのポジションですので、 実際は狭き門なのかもしれません。そこへ行く前にSEとしてやはり最前線で技術を 追いかける仕事をしなければいけないでしょう。

SEから転職する人

SEを辞めて他の職種に転職する人もいます。 さすがに徹夜や土日の激務は嫌だ、もうすこし時間に余裕のある仕事を探そう、 多少給料が安くなっても仕方ない。という方です。後ろ向きとは言いませんが、 SEの技術力は一般企業ではとても欲しい人材です。SEとしての枠ではなくて、 一般事務や企画、経理、人事といった部署へ転職することも可能でしょう。

SEはわりと都会の仕事、Uターン転職で地元の企業へ転職する人もいます。 田舎ではなかなかSIerってないので、地元の少し大きな企業に雇ってもらって システムの技術を如何なくはっきできるポジション、これは給料は安いかもしれませんが なかなか面白い選択肢だと思います。長男で将来的に親の世話を視野に入れてる人は 多く、毎年Uターン転職のイベントにも多くの人が参加しています。

このページの先頭へ