あのときの自分を褒めてやりたいコト

自分が本当に「過去の自分を褒めてやりたい」って思ったのはコレ。 25歳のときにワークライフバランスを考えられたことです。

人生が豊かになりました。(お金って意味じゃなくてね)

25歳までは家→会社→家の繰り返し。満員の電車に往復2時間。 その人生に疑問を持たないのがおかしいんですけど、ワクにはめられると 疑問だと思わないで日々すごしてしまいます。

しかもSEですから徹夜もよくしたし土日もよく働いたと思います。

自分のことで精一杯になっちゃってました。 彼女もできない、親孝行もできない、友達との時間もとれない。

仕事にかまけて、仕事のせいにして自分を正当化してた。

そんなときに先輩SEから言われて気づいた大切なことがたくさんありました。

ワークライフバランスを考える

ここでは、人生について考えたいと思います。そのための ワーク・ライフ・バランスを考えるということです。

人生は時間の集合体なわけです。僕も1日は24時間、あなたも、あの人も。

その時間に何をどれだけ詰め込めるか、これが人生になっていくので、 仕事仕事仕事・・・だとあなたの人生は仕事ですか、

となる。

僕の人生は仕事だ、と言える人はそれでいい。

しかし次のような人は考えてみて欲しい。

・家族は大切だ
・子供の将来が楽しみだ
・育ててくれた親に何かしてあげたい
・仕事を忘れて旅行をしまくりたい
・ほんとうは美容師になりたかった
・彼女・彼氏ともっと時間を作りたい
・自分の実力を試したい、会社を作りたい
・もっと世の中に貢献したい
・地元に貢献したい
・誰かに自分の知識を教えていきたい
・趣味に没頭したい
・JAVAを極めたい、もっとプログラミングしたい
・自分だけのサービスを立ちあげたい
・販売の仕事をしてみたい
・海外で移住したい
・英語を学んで国際交流したい
・外資系企業にチャレンジしたい
・あびるほど酒を飲みたい
・気心のしれた仲間たちと過ごしたい

他にもいっぱいあるし。仕事だけの人生じゃないってわかる。

これ1個だけつきつめたい、という人もいれば、あれもこれもやりたい人もいる。

僕はどう思ったか。

・日本人として生まれたからには日本に何か貢献したい
・あまり考えてなかったけど親にも何かしてあげたい
・仕事って結局会社のためにやってる事じゃん、自分のために仕事したい
・日々の仕事のプレッシャーや人間関係から開放されたい
・社会に貢献、自分も満足できる仕事をするために会社を作りたい

このようなことを思いました。

25にもなってなに夢見ちゃってんの~

ていう人はそこまでの人間。

25歳でまた夢目標ができたんだから素晴らしいじゃない。

30歳や40歳だって遅くないよ。

SEは残業、徹夜、土日仕事、なんて世間からも思われてるけど そうじゃないって、仕事はほどほどにもっと趣味や自分の好きなことに 時間が使えるようになろうぜぃ!

そのためには何が必要で、どうすればいいの?

それは自分で考えな!(洗

このページの先頭へ